マクドナルド バイト ドライブスルー

マクドナルドのバイト業務「ドライブスルー」の受け答え方

スポンサードリンク

マクドナルド(マック、マクド)のバイトの仕事にはドライブスルーもあります。

 

車に乗ったまま商品を受け取れるので、大変便利なマクドナルドのドライブスルーですが、お客様によっては声が聞き取りづらかったり、エンジン音で聞き取りづらいことがあります。

 

聞き取りづらい場合には遠慮なく「もう一度お願いします。」と聞き直します。

 

そして、ドリンクやポテトのサイズは聞き間違いを防ぐために、例えばSサイズなら「一番小さいサイズのSですか?」と聞きます。

 

クーポン番号の3桁の数字は1、2、3のように一つづつ順番に言ってもらったほうが間違いがありません。

 

マクドナルドの仕事の中で、商品の最も入れ間違いが多いのはドライブスルーです。

 

音声だけで注文を受けるのはバイトにとって意外と難しいものです。

 

マニュアルにある受け答えだけではなく、自分で間違いを防ぐ言い方を店長やバイトの先輩に聞いて覚えるのが上手に受け答えする早道です。

 

マクドナルドのドライブスルーをいつも快適に利用していただくためには工夫が必要です。

 

スポンサードリンク

 

マクドナルドでのバイト中の休憩はどんな感じ?

マクドナルド(マック、マクド)のバイトは6時間働いて30分〜1時間休憩があるのが一般的です。

 

3〜4時間のバイトでは基本的には休憩は有りません。

 

バイトに入る時間帯にもよりますが、4時間程度でも休憩がある場合もあります。

 

マクドナルドでは休憩に入るときは、IN、UP時のようにレジの操作は必要ありませんが、休憩なので、その分の給料はもちろんありません。

 

たまに給料明細で労働時間数が合わない時がありますが、それは休憩の時間の入出が原因であることが多いので、疑問があるときは店長などに聞いてみるのが良いです。

 

マクドナルドは休憩時は事務所で食事などをして過ごしますが、その時間はバイトどうしの交流の場でもあります。

 

色々な話をしながら楽しく過ごした方が仲間意識も生まれ、仕事の面でもプラスになります。(2017年4月27日更新)

 

スポンサードリンク