マクドナルド バイト 仕事内容

マクドナルドのバイトが行う仕事内容

スポンサードリンク

マクドナルド(マック、マクド)のバイトの仕事内容は大きく分けてカウンターの接客と厨房での調理があります。

 

カウンターではお客様の注文を聞き、レジに打ち込み、代金を頂き、商品を揃えてお渡しします。

 

厨房ではハンバーガー、ポテトなどを作ります。

 

ドライブスルーでの仕事もあります。

 

その他には清掃、資材補充、トイレチェックなどお客様が少ない時間帯もマニュアルで仕事内容が決められています。

 

マクドナルドのバイト業務は、まずカウンター業務から入り、徐々に厨房の仕事内容も覚えていきます。

 

厨房ではハンバーグを焼く時間、ポテトを揚げる時間も決まっているので、初心者でも作りやすくなっています。

 

とにかく細かいマニュアルで決められているのが、マクドナルドの仕事です。

 

そして、マクドナルドではバイトのことをクルーと呼んでいます。

 

バイトも段階に応じて、呼び方がどんどん変わり、責任が出て時給もアップしますので、やりがいがあります。

 

スポンサードリンク

 

マクドナルドのバイトは大変そうなイメージがあるが…

マクドナルド(マック、マクド)のバイトは大変だからやめた方が良いという意見と、楽しくてやりがいがあるという意見に分かれます。

 

人によって感じ方はそれぞれですが、仕事は楽しいことばかりではありません。

 

どんな仕事でも辛いことはあります。

 

他人から見て楽そうに見えても裏では大変な仕事も多くあります。

 

マクドナルドのバイトは覚えることがたくさんあり、正確さが要求されるので確かに大変です。

 

でもそれ以上の楽しさ、やりがいがあります。

 

大変だからこそ、社会で通用する術を身につけられるのです。

 

最初は小遣いが欲しくて働いた、でも気が付けば就職の時、役に立っている。

 

それがマクドナルドのバイトです。

 

うまくいかないこともありますが、全ては自分次第です。

 

失敗しても勉強になったと前向きな気持ちで頑張っていきましょう。

 

スポンサードリンク