マクドナルド バイト 主婦

マクドナルドでバイトしたい主婦なら知っておきたこと

スポンサードリンク

社会復帰したい主婦にとって、バイト探しは子供や家庭の都合で、働ける時間帯を合わせるのが至難の業です。

 

平日だけ、深夜だけなど、事前にシフトの希望を出せるマクドナルド(マック、マクド)は主婦にとってバイトしやすい職場です。

 

ただ、全員のシフトの兼ね合いにより、希望の時間に入れなかったり、時間外までバイトしてもらえないかと言われることもあります。

 

特に、平日の昼間などは主婦が多く、大体子供が帰ってくる2〜3時までの希望が多いので、その時間帯はシフトに入る回数が減ってしまう時があります。

 

しかし、夕方までマクドナルドでバイトすると学生にバトンタッチしやすく、人出不足解消になるので、シフトに入れる回数が多くなります

 

朝もなるべく早い時間から入れるようにし、他の主婦とかぶらないようにすると良いです。

 

マクドナルドはスピードを重視し、キャンペーンなどで商品がよく変わるので、主婦も仕事を覚えるのは努力を必要とします。

 

それでも、やはり主婦としての経験は調理や接客の面で生かされるので、マクドナルドにおいても貴重な人材なのです。

 

スポンサードリンク

 

マクドナルドでバイトしている中高年は意外と多い

マクドナルド(マック、マクド)では、中高年の人もバイトしています。

 

60代、70代の方がレジを打っていたり、調理をしています。

 

若い人ばかりと思われがちなマクドナルドですが、意外と中高年が活躍しています。

 

違和感があると思いきや、なぜかかっこよく見えるのもマクドナルドならではです。

 

学生や主婦のように時間には縛られないので、採用側としても採りやすいでしょう。

 

深夜の時間帯に、本業と掛け持ちしてバイトしている中高年も多くいます。

 

最初は若い人たちに教えてもらうことになるので、変なプライドは捨てて仕事に臨むようにしましょう。

 

マクドナルドの業務内容を覚えるのは大変ですが、慣れれば中高年でも大丈夫です。

 

同じバイト仲間として心を開いて接していけば、若い人たちとも仲良くなれて、とても楽しいものです。

 

豊富な人生経験は、若い人たちの仕事の姿勢にも良い影響を与えるのではないかと思います。(2017年4月12日更新)

 

スポンサードリンク