マクドナルド バイト 面接

マクドナルドのバイト面接で重視される内容

スポンサードリンク

マクドナルド(マック、マクド)のバイトの面接で、特に重要なのは第一印象とその店にふさわしい人物であるかどうかです。

 

マクドナルドは飲食店ですから、まずは身なりがきちんとしていなければ話になりません。

 

受け答えはもちろんしっかりしている方が良いのですが、マクドナルドでは、質問にある程度答えられれば特に問題はないです。

 

優秀な人材だけが面接に合格するとは限らず、勤務時間や曜日、その他の条件などによりバイトの採用を決定します。

 

その時々の店舗の状況にうまくマッチした人が採用になります。

 

さらに、マクドナルドでは、他のバイトとうまくやっていけそうかというところも面接で見られるポイントです。

 

これは、チームワークを重視するためであり、円滑に仕事を進めるために必要です。

 

あまり堅苦しく考える必要はありませんので、正直に答えていくのがベストです。

 

もし不採用になっても、たまたま条件が合わなかったというだけなので、落ち込む必要は全くありません。

 

スポンサードリンク

 

マクドナルドのバイト面接で好印象な志望動機

マクドナルド(マック、マクド)のバイトの面接の中では、志望動機を聞かれます。

 

バイトをしたい最大の理由はもちろん「お金が必要だから」です。

 

志望動機でお金のことを出して大丈夫だろうかと心配になりますが、「進学の費用を貯めたい」など、貯金をしたい理由を素直に言う方が好印象の場合があります

 

なぜなら、貯金するためにバイトしたいと思っている人は、多少辛くても辞めないと見なされるからです。

 

どうしてマクドナルドでなければならないのかと聞かれたら、模範解答は「マクドナルドが好きで、いつも笑顔の店員さんに憧れていて、自分も働きたいと思った。」です。

 

他には、「マクドナルドの優れた接客を勉強して社会に出たときに役立てたい」なども良いでしょう。

 

しかし、採用側の多くは志望動機よりも第一印象や勤務条件を重視しています。

 

自分を飾って上手な志望動機を並べるより、素直に正直に話した方が好印象です。

 

採用側は一目会ったときにその人がどのような人物か大体わかりますので、普段から自分の内面を磨くことが大切です。(2017年4月3日更新)

 

スポンサードリンク