マクドナルド バイト 採用基準

マクドナルドのバイト採用基準をクリアするには

スポンサードリンク

マクドナルド(マック、マクド)のバイトの採用基準はそれほど厳しくはないですが、まずは適性検査に合格することです。

 

適性検査では店舗内での出来事に対する対処の仕方と、普段の生活について問われるものがあるようです。

 

一般的なことが多いので、身構える必要はありませんが、これに合格しないと採用にはなりません。

 

マクドナルドのバイト面接試験では、勤務時間や曜日、志望動機、飲食店でのバイト経験、チームで何かに取り組んだことなども聞かれることがあります。

 

採用基準として、マクドナルドのバイトではチームワークが重要になるので、協調性に欠ける人は受かりづらいかもしれません。

 

ただ、店舗のその時々の状況によって、採用したい人材のタイプが違いますので、一概には言えません。

 

そして、マクドナルドは飲食店であるが故に、バイトでもやはり見た目の清潔さは重要な採用基準になります。

 

スポンサードリンク

 

マクドナルドにはちょっと珍しいバイトの募集方法がある

マクドナルド(マック、マクド)のバイトでは通常の募集方法に加え、店舗に来店した客をスカウトするという形でバイトを募集しています。

 

スカウトされるのは主婦や学生、フリーターが中心です。

 

マクドナルドの店員が直接声をかけたり、バイト募集カードが商品と一緒にトレーの上に置かれていたりします。

 

実際のところ、店員は忙しく、声をかける暇はあまり無いそうですが…。

 

募集カードが置かれていたときは、興味のある方は思い切って近くにいる店員に声をかけてみるのが良いと思います。

 

マクドナルドのバイトはたくさんの人数が必要なことと、学生が多いため、卒業などで入れ替わりが激しいのでよく募集されています。

 

よく募集がかかっているから仕事がきつい、ブラック企業というわけではないのでご安心を。(2017年3月27日更新)

 

スポンサードリンク